Hair Salon Nagasawa.
2006  8月14日
8月になってから熱い日が続いていて、甲子園では高校球児が熱戦をくりひろげています。智弁和歌山vs帝京のどんでん返しに次ぐどんでん返しの試合は忘れられませんし、早稲田実業の斉藤投手の青いハンカチも話題になりそうだし、駒大苫小牧の夏三連覇は?今年はいい試合が多くてチョッと目が離せないですね。それからチョッと前までは、亀田興毅の世界戦で盛り上がりましたね!シカシ終わってからもその盛り上がりはますますヒートアップして・・・まぁいろいろな意見と見方がありますから判定に関してはしょうがないと思います。でも、これほどの大騒ぎになるとは思ってもいませんでしたが・・・って〜ことでお話が随分とそれてしまいましたが、夏、奈津、捺、なつ、ココナッツ、愛、藍、逢い、あい、アイランド〜二人〜ナツしましたぁ〜・・・と口ずさみながら、久しぶりに走ってきました。、目的地は伊豆の下田!
御殿場〜三島〜修善寺〜西伊豆土肥へと進み恋人岬に寄ってみました。天気が良かったので景色はもう最高!でも恋人岬と言うだけにマワリは若い二人組ばーっかりで、あてられっぱなしでした。これは俺なんかが長居する所じゃないなとすぐにシュッパツ!走ってすぐに黄金崎という看板を発見!黄金と言うだけあってたしかに黄色の岩肌で,夕日の時はキレイに黄金色に輝くそうです。ココにはキャンプ場と海水浴場もあってキレイな砂浜と岩場もありました。この日は人も少なくてチョッとした穴場ではないでしょうか。岩場に行ってみましたが、まるでここは沖縄かと勘違いするぐらい海がキレイで(沖縄に行ったことないけど)魚もすぐそこに見えて、岩をどかしてみるとカニがタクサンいてとり放題って感じでした。今度は家族で海水浴に来て見たいところです。

恋人岬

1984年10月にラブコール・ベルが設置されました。愛の鐘を3回鳴らします。1回目は自分の身を清め、2回目は相手の心を呼び、3回目で二人の愛を誓います。3回愛の鐘を鳴らして恋人宣言!証として恋人宣言証明書を発行しています。

黄金崎

この付近の岩石は、プロピライトと呼ばれ火山活動が盛んな3500万年前に安山岩の割れ目から熱水が侵入して生成されたもので、それが長い間の風化により今日のような色に変わって今に至っています。

次に通りかかったのは雲見で、ここから見える景色もサイコウでした!それもそのはず、ココから見える富士山は冨士十景に選ばれているところでした。そしてチョッと前にTVでやっていた「ガチンコ・ファイトクラブ」に出てきた赤井浜荘が近くにあるところでもあります。

牛着岩ごしに見える冨士山は一度見たら忘れられない美しさです!
下田まで行く途中で見つけたものです。夕日ヶ丘の休憩所があるなら朝日ヶ丘の休憩所もあっていいじゃないか〜、造ってくれよー〜。あっ、そうか朝日は東伊豆じゃあないとみえないんだー〜!鵜〜ん見事な竹林とフルー〜イなまこ壁の建物だ〜、こりぁー国宝にしても〜、ダメだね、汚すぎる。そしてコカ・コーラ愛好家の自分にとって、一度通りすぎてからまた戻ってまでも気になったコカ・コーラの冷蔵庫!なんでこんなところに?なぜ?マワリは何にもない空き地、中もまだキレイで持って帰ったらまだ使えるようで・・・夜取りに行きたくなる気持ちを・・・
夏にはヤッパリひまわりがよく似合うね!
入間、中木付近の美しい風景
石廊崎

伊豆最南端に位置して岬先端には灯台や縁結びの神を祀る石室神社(岩をきり抜いて建てられた)があります。この神社の床は一部ガラス張りになっていて、真下に見える岩肌と海面はかなり迫力があります。岬先端からは、神子元島が眼前に見えて遠くには伊豆七島まで見渡すことができ、まさに爽快の一言に尽きます。灯台は明治4年8月21日に設置点灯されました。

駐車場から歩いて10分ぐらいで伊豆の最南端に到着!着いたらもう汗だく・・・でもこの景色を見てナットク!来たカイがありました。ナマ暖かい潮風に当たっていると、とても心地よくて、ここでぼぉー^о^-と、一日海を見ていたい、そんな気持ちになってきます。ストレスもどこかにぶっ飛んでいくこと「間違いない!」って、言ってた芸人さん最近見ないな〜?なんて思いながら水平線を見ていると、昔TVでやっていた「海のトリトン」を思い出して♪水平線のおわりにわぁ〜〜あぁぁ〜虹の橋があるのだろ〜誰も見ぃー〜ない〜未来の国を〜少年は〜探し求めるぅ〜♪広がる海のかなたからぁ〜あぁぁー〜あぁ〜−ダレカトメテクレ〜・・・ゴーゴートリト〜ンーゴーゴーゴーゴーゴー・トメテクレ〜ー!

ドウですか〜、写真を見ているだけでも、石廊崎に行った気分に少しはなれたんじゃないでしょうか?
下田 太鼓まつり

真夏の祭典として400年前から続く伝統と勇壮さを誇る下田の祭りで、江戸時代第二代下田奉行、今村伝四郎正長公が創めて、大阪夏の陣に大勝した徳川方が大阪城に入城の際に打ち鳴らした陣太鼓をまねたものです。今村公は下田の民が元気になり、熱く燃え、一丸となれるものをという想いでこの祭りをハジメタと言われています。400年過ぎた現在も、今村公の熱い想いは今も下田の民の心の中に生きつづけています。歴史上や伝説上の人物をかたどった人形と太鼓を乗せた山車15台が繰り出し、お神輿とともに街中を練り歩きます。

8月の14、15日は下田八幡神社例大祭で、チョウドこの日に下田に来てしまいました。祭りを少し見ていこうと思い、どこかにバイクを置けるところがないかな〜と探していると、よってキナヨ〜、と気軽に声をかけてくれたおじさん、ここに止めていいよぉぅ〜と空いている所を指さして教えてくれました。バイクを降りるとすぐに酒のみなよ〜ぁあバイクも飲酒はダメか〜って、チョつと下田の地酒を飲みたかったけどガマンして、「このバイクはハーレーかい〜」って「そうですよ」とオレ、「チョッとまたがらして〜」とおじさん「いいですよ〜」とオレ、「でもマフラーが熱いから触らないようにね」って言ってるそばから「あチョー^W^」といきなりブルース・リーの物まねをして笑わしてくれたおじさんでした。そして、しその葉ジュースを出していただき次にスイカ、カキ氷とフルコースをいただき・・・今日の祭りのことをいろいろお話してもらい、これもヤッパリ、ハーレーに乗っているからかな〜と実感しました。またこのお店の中に入ってミルとそこは昭和初期にタイムスリップしたかの様なところでした。

その名は土藤商店(ツチトウ)、明治20年創業の酒屋さんです。蔵の中はホーロー看板などレトロなものがイッパイで(無料開放)自分もこういうものが大好物なのでいろいろ説明をしてもらいました。
バイクを少しのあいだ見ていてもらい祭りをみに下田を散策してみましたが、初めてきたのですが下田がこんなにいい所とは知りませんでした(下田のみなさんすみません)。街のあちらこちらに見られる風情あるナマコ壁の家屋、昔ペリー提督があるいたという道筋は、ペリー・ロードとしておしゃれな散策路になっていて川沿いの民家や蔵を利用していろんなお店が並んでいます。レストランや喫茶店、アンティークやアクセサリーのショップに改装されていて若者に人気だそうです。夜にはガス燈がともり何かその時代に戻ってしまったようないい雰囲気になるな〜って感じです。川にはボラがタクサン気持ちよさそうに泳いでいるし、路地から路地をノンビリ歩き回れば、懐かしい風景や新鮮な場面を発見したり、あのようにバイク乗りに気安く声を掛けてくれたりとハッピーなことばかりです。ホンとにココ下田は、こぢんまりとした街歩きを楽しむのにピッタリ・サイズの場所です!

ナマコ壁

盛り上げた漆喰がまるでナマコのように見えることからその名がつきました。白い漆喰部分は硝石や貝の灰に、ふのりなどを練りあわせて作ります。耐火性に加えて防湿性にも優れ潮風を防ぐのにピッタリだったことから、江戸時代、港町下田に数多く建てられました。漆喰の盛り上がりが高いほど家の格が高いとされていたそうで、中にはカマボコを貼り付けたように見えるものも。ナマコ壁の続く静かな街並みを歩いていると、江戸時代の港町にタイムスリップしたような気分になれます。

昭和湯・・・下田で唯一の外湯、街歩きに疲れたらひと風呂いかが?
朝も早かったので、やはり歩くとお腹が空いてきます、い〜い感じのお店を見つけたので入ってみました。ペリー・ロードにあり、中はご覧のとおりで古い家をそのままにしたお店でした。マンゴーカレーをいただき大満足して少しユックリやすませてもらいましたZu・・・(‐_‐)zzz!
了仙寺

1854年ペリーと日米下田条約の調印式が行なわれたお寺。ペリー一行の応接所にもなりました。

開国にまつわるさまざまなドラマが繰り広げられた下田にはそのドラマの主役たちが今も街のアチコチにエピソードを残しています。日米和親条約を結んだペリー提督、アメリカ初代総領事を務めたハリス、また彼の元で働いていたのが、お吉。恋人との仲を割かれた上、唐人とまわりから白い目で見られ、あげく川に身を投じた悲運の物語はあまりにも有名です。

長楽寺

1854年ロシア使節プチャーチンと日露和親条約が調印され、翌年にはアメリカ使節アダムス中佐と日米和親条約の交換がおこなわれるなど外交交渉の舞台となったお寺です。

下田を散策してバイクの置いてある土藤商店さんのところに戻ってみると子供も交えてバイクの話で盛り上がっていて、意外とみんなバイク好きであることが判明!バイク一台でこんなに友達の輪が広がるなんて、ホンと素晴らしい乗り物に自分は乗っているな〜と実感しました。ハーレーに乗るようになってからすべてがプラス思考で考えられるよな気がします、人間困ったことは起こらないんだ〜と。たとえば下田に初めて来て右も左もわからないしバイクも置くところがなさそうだし、マイナス思考で通り過ぎてしまえばそれまでですが、こうやって声を掛けてくれる人に出会えたりする。仕事でも遊びでもすべて一緒です、困ったことが起きたら、そうか今自分はその事を勉強しているんだな〜と考えれば困ってる事でも困ってる事ではなくなってしまう。マイナス思考はいつでも人間を支配しようと狙っています、困ったな〜と思えばマイナス思考につけ込まれてしまいます!ハーレーに乗ってる人ってプラス思考の人、多いんじゃないかな〜、いやいやバイク乗りの人はみ〜んなプラス思考でしょう。(b^_゜)♪
帰りは135号で東伊豆を走り伊東から伊豆スカイラインで箱根まで風を斬って気持ちよく走れました。十国峠や芦ノ湖で休憩をして御殿場に到着!今日は約300キロのツーリングでした。次は何処にいこうかな〜?またそこでの出会いは・・・楽しみだな〜・・・。
Hair Salon Nagasawa. Copyright (C) 2005 HAIR SALON NAGASAWA. All Rights Reserved.